夏に行く沖縄旅行のデメリット

気候に関するデメリット

TVCMや写真などの影響もあり、夏の沖縄とはいつも晴れているものだとイメージ付けられているようなところがあります。しかし、実際にはそれは間違いで、本州の台風のピークが秋であるのに対し沖縄は夏に台風襲来がピークを迎えます。そのため、日帰り旅行や1泊旅行をする人の中ではせっかく沖縄に行ったのに曇りや雨で、楽しみにしていた綺麗な海を見られずに帰って来る人も多い傾向です。また、夏の沖縄は本州以上に気温が高くなり、日差しも強まりますので一度日焼けをしてしまったら帰宅してからもなかなか日焼け跡が消えません。夜もなかなか気温が下がりませんのでなかなか食欲が湧かないという人も多く、沖縄グルメを思う存分楽しめないという側面も持ち併せます。

その他のデメリットについて

この他にも幾つかのデメリットがあります。まず、沖縄は夏に観光のピークを迎える関係で人気観光地がとても混雑する傾向にあり、バスも混む中で座って移動できる保証がありません。またタクシーがなかなか捕まらなかったりすると、予定通りの旅が行えるかどうかもわかりません。そういった意味では、観光地も交通機関も混雑する夏は避けて夏以外のシーズンに行くほうが得策ともいえます。ちなみに、沖縄は春から秋まで気温の高さに連動して海水の温度も高いため、春でも秋でも海の中で泳ぐことが可能です。その他、夏は沖縄に向かう航空券の運賃や宿泊施設の料金が冬と比べて相当高くなりますので、お金をあまり使いたくない場合は冬に行くほうがいいかもしれません。