夏に行く沖縄旅行のメリット

暑いことがメリットになる

近年、本州の沖縄好きの人達の間では飛行機の運賃が一番安い冬・またはそんな日差しが強くない春や秋こそが沖縄旅行のベストシーズンだという主張が増えています。たしかにそういった意見には一理ありますが、夏の沖縄旅行にもたくさんのメリットがあるのでおすすめです。まずは朝から晩まで気温が高いため、例えば混んでいるビーチが嫌であれば、夜が明けて5時頃からまだ人がほとんどいない中で海を楽しむことが可能です。春や秋は朝の気温が低めで海水浴には向かないと考えると、朝焼けの海の中で泳ぐという体験ができるのは夏だけですので、この点は大きなメリットといえます。その他、海辺に天体観測をしにいったものの熱帯夜で暑い場合は、海に浸かりながら天体観測をする事もできたりもしますが、こういった体験も夏ならではです。

その他のメリットについて

離島や本島の穴場に夏以外に遊びに行く場合、あまりにもひと気がなくて怖さや寂しさを感じる人も多いと言われます。しかし、観光シーズンのピークである夏に沖縄旅行に行った場合、大半の場所に他の観光客が滞在しているため、一人旅でもあまり寂しさを感じる事がありません。また、夏限定で普段は直行便で行けない島に直接向かえるのもメリットで、例えば久米島は夏(7月中旬から8月末)だけ那覇空港を経由せずにアクセスできます。その他、全国各地と同じで沖縄も夏に各地で様々な祭りが開催されるほか、近年は音楽フェスティバルの開催も増えている傾向です。そのため、タイミングをうまく合わせればそういった特別イベントに参加できるという点もメリットの一つといえます。