冬に行く沖縄旅行のデメリット

夏よりも営業時間が短くなる施設も多い

冬の沖縄旅行は、夏と比べて旅費を安く抑えられるものの、営業時間が短くなるレストランやテーマパークも多く、滞在時間によっては十分に楽しめないといったデメリットがあります。また、人気のあるビーチや展望台へのバスの便も少なくなるため、公共交通機関を使った沖縄旅行を計画する際には、ゆとりのあるプランを考えることが大切です。なお、冬場でも沖縄の魅力を満喫したい場合には、一年を通じて営業している観光客向けのショッピングモールや観光センターなどを選択したり、現地の旅行会社を通じてオプショナルツアーに参加をしたりすると良いでしょう。

その他、冬の沖縄旅行の経験のある人のブログやSNSなどを参考にすることがおすすめです。

体験可能なマリンスポーツが少なくなる

冬の沖縄のビーチは土日祝日でものんびりと過ごすことができますが、体験可能なマリンスポーツの数が少なくなるため、ビーチの周辺で楽しみたい場合には注意が必要です。特に、体験ダイビングやサーフィン、ヨットなどの人気のマリンスポーツの多くは、水温が低くなると申込みができないことが多いため、事前に現地のスクールや旅行会社のホームページなどをチェックしておきましょう。また、平日にはマリンスポーツのレンタル用品を扱う店舗が閉店することもあり、現地で戸惑うことのないよう対策を立てることが大切です。その他、ビーチの近くの旅館やホテルなどの予約を取る際には、冬場の送迎サービスの有無について調べておくことが大事です。